新着情報

7月17日発売開始!銘木勾玉【黒柿】

02acd235d646118fc03d055e623881e6

神秘の銘木。
樹齢数百年を迎えた柿の木「黒柿」を勾玉化。

「黒柿」とは、数百年を超える柿の古木であり、その中でも黒い紋様のある木の呼称のこと。
柿の木に含まれるタンニン(渋み成分)と地中の物質が化学反応を起こし、「黒柿」の特徴でもある黒い紋様が表れるとされています。

柿の木の中から「黒柿」に出会える確率は1万本に1本ほどとも言われ、伐採してみないとわからない神秘的な木。

偶然に黒柿に出会えたとしても、加工され商品になるまでには、他の木材以上に時間も技術も必要。さらに小さければ小さいほど加工が難しいため、奇跡の勾玉と呼びざるをえません。

また、黒柿の歴史は古く、約1300年前より加工され、あの有名な正倉院には黒柿を使用した工芸品が納められていることがわかっています。

そんな大変希少な「黒柿」を贅沢に使用し、この度勾玉として販売に至ることが出来ました。

どれひとつとして同じ個体がございません。
黒柿の自然が生んだ神秘の文様と、手作業で磨き上げた質感をお愉しみ下さい。

 

IMG_9445

 

 

一覧へ戻る