スタッフブログ

天然石をリフレッシュ!浄化の必要性と浄化方法5選をご紹介

イメージ1

「浄化」という言葉をご存知でしょうか?

浄化とは一般的に「きれいにすること。清浄にすること。」という意味があります。
天然石も浄化をすることで、その力を保ち、持ち主により良い影響を与えることが出来ます。今回のブログは浄化のメリットと浄化方法5選をご紹介します。

■天然石における浄化

天然石

浄化を天然石(パワーストーン)に当てはめると、そのエネルギーをきれいな状態に戻し、力を復活させることを指します。

天然石を身につけると、悪いエネルギーを吸収してくれると言われていますのでどんどんと石が疲れていってしまいます。せっかく天然石を身につけていても、その効果が薄れてしまうのです。

天然石のを力を長持ちさせるためには定期的に天然石をリフレッシュさせる必要があります。浄化をすることで天然石はパワーを取り戻し、その力を人々に還元させるのです。

■天然石を身につけてきた人々

アクセサリー
多くの人々を魅了する天然石。古来から天然石は多くの人々に装飾品として身につけられてきました。その美しさもさることながら、石には不思議な力が宿っていると信じられてきました。

人々の生活は時代とともに変わり、その時々で人々が使うものや習慣などは変わってきました。しかし、石を身につけるという行いは全く変わっていません。天然石は人々を魅了し、今でも多くの人々に求められいるのです。

■浄化の必要性

天然石は発掘された後、多くの人の手に渡り、様々なエネルギーの影響を受けてしまいます。浄化を行うことで、そのエネルギーをリセットし、天然石を元気にさせます。

リセットすることで天然石は本来の力を取り戻し、持ち主に良い影響をあたえます。浄化を行うことは天然石に必要なことなのです。

■浄化方法

浄化

浄化方法は様々ありますが、方法は一つで大丈夫です。その石に合った方法を行って下さい。購入後は多くの方が石を触っているので、1度浄化を行うことをオススメします。その後の頻度は、1ヶ月から数ヶ月に1度の割合で行うとよいです。また、「少し疲れてるかな?」と感じた時にも行うとよいでしょう。

浄化方法は以下の様な方法があります。

<水による浄化>
流水で浄化を行う方法です。天然の水のほうが良いですが、水道水などでも大丈夫です。水道を流しながら天然石を当てて下さい。時間は1時間程度です。浄化後は柔らかい布で水気を拭き取って下さい。

ただし、天然石の中には水に弱いものもありますのでご注意下さい。

水による浄化

<月光浴による浄化>
月の光を天然石に当てて浄化する方法です。特に満月の光は有効です。一晩かけて月の光を当てて下さい。ただし、雨風に晒してしまうと逆効果となりますので注意が必要です。

水晶による浄化

<水晶による浄化>
水晶のチップやクラスター(結晶群)の上に天然石を置いて浄化する方法です。水晶は浄化に最適な石なので浄化には有効です。1日~3日程度が目安です。

水晶による浄化
水晶浄化セットはこちら
<セージによる浄化>
お香による浄化がありますが、その中でもホワイトセージが有効です。セージの葉に火を付け、煙を焚きます。セージの煙に天然石を2,3度くぐらせると浄化が完了です。長時間煙に当てることは避けて下さい。天然石に曇った跡が付く可能性があります。

ホワイトセージによる浄化
ホワイトセージはこちら
<パロサントによる浄化>
パロサントは南米に自生する香木で「神の木」と呼ばれています。その香りは甘く濃厚です。パロサントを削り、その上に載せ一晩置くことで浄化が完了します。

パロサントによる浄化
パロサントはこちら

■最後に

天然石の浄化方法は様々あります。頻度や浄化時間など目安を記入していますが、その石にあった浄化方法を見つけて浄化して下さい。

なにより、天然石を想う気持ちが大切です。「ありがとう」の気持ちを持って浄化を行って下さい。天然石もその想いに応えてくれるはずです。
_M1A9254

一覧へ戻る

スタッフブログ

店舗のご案内

体験メニュー

お食事

アクセス・無料送迎

オンラインショップ

TVや雑誌で紹介されました

体験宿泊プラン

お問い合わせはこちら

個人様用お問い合わせフォーム

旅行代理店様用お問い合わせフォーム

TEL0852-62-2288 8:30〜17:30/年中無休

 

いずもまがたまの里伝承館 Facebook いずもまがたまの里伝承館 インスタグラムいずもまがたまの里伝承館 スタッフブログ